草莓视频APP下载地址

日語佳文閱讀

發布時間:2017-10-24  来源:  浏覽:884


東京都心の明治神宮のそばに5階建ての白い建物がひっそりとたたずむ。罪を犯し、服役を終えた女性たちが社會復帰に向けて共同生活を送る。更生保護施設「両全會」である。

在東京都中心明治神宮邊孤零零地立了座白色五層建築。爲了讓刑滿出獄後的女性們能回歸社會而把她們送至此處以便學會共同生活。這就是重生保護場所“兩全會”。

先月訪ねたときの入寮者は20代から80代までの16人。入寮すると、まず攜帯電話を契約する。仕事を探し、家を借りるのに必要な30萬円の貯金に勵む。清掃や介護、飲食店のパートの職に就く人が多い。

在我上個月訪問的時候,入住者有16人,從20歲到80歲都有。一旦入住,那麽首先就要簽約開通手的機。然後要尋找工作,鼓勵要有生活必須的三十萬日元儲蓄,哪怕是向家裏人借。有很多人從事清潔、飲食店服務生。

施設は今年、100周年を迎えた。1917(大正6)年、出所した女性たちの窮狀を見かねた教誨師(きょうかいし)が自宅の一角に寮をつくった。生活費を貸したり、縁談をまとめたりする活動が主だった。戦後は薬物使用や盜みを繰り返す人が増えたという。

該設施在今年將迎來成立100周年。1917年(大正6年),屢屢見到出獄女性的慘狀的監獄教導員把私宅騰出一部分設爲宿舍。借給她們生活費,並以和她們談心爲主。戰後,反複使用毒品和慣偷的女性多了起來。

入寮當初は電車に乗ることもむずかしく、人混みにめまいを覚える人もいる。退寮しても、數赆幛藨盲皮皮筏蓼馍伽胜胜ぁ!赣Hから無視され、暴力をふるわれ、家族の情を知らない人が多い。その分、甘言にだまされやすく、犯罪に引きこまれてしまう」と理事長の小畑輝海(てるみ)さん(75)。

她們入住宿舍時對乘坐地鐵存在困難,有人對人多感到眩暈。還有不少退出幾年後又回來的例子。“很多人被親人無視,被暴力毆打,不知家庭溫暖爲何物。在這種情況下,她們容易被甜言蜜語所騙,然後走上犯罪的道路”,理事長小田輝海先生(75歲)說道。

しかし就職や結婚をして人生を切りひらく人も確実にいる。施設は依存症を克服する離脫プログラムに力を入れる。將來に向け、自力では就労できない女性のための農場経営の道を探る。

但是也確實存在著成功就業和結婚的人,走出了一片人生新天地。設施將努力制定出女性們克服依賴症脫離計劃。未來將探索農場經營的道路,以此救助那些無法依靠自身能力就業的女性。

筆者はかつて刑事裁判の取材を擔當したが、出所後の人々がどう暮らすのか突き詰めて考えたことがなかった。不幸にして道を踏み外してしまった人々に対する社會の無関心は、この100年間にはたして変わったのだろうか。

小編負責過刑事判決的報道,但沒有深思過出獄後的人如何生活。社會對于那些踏上歧途的人們的漠視,在100年後的今天有所改變了嗎?